技術の忘備録

STM32FとOzone

STM32Fは便利なCPUで10年ほど前から使い始めていたのですが、最近は開発環境にはTrue Studioが制限なく使えるようになりとても便利に使えるようになりました。 ただ、このTrue Studioには、リアルタイムでメモリや変数を見る機能が無かったのですが、TIの開発環境Code Composer studioなどはデバック中に実行コードを止めることなく変数をモニタリングする機能があり、こ […]

電源は大切

こんな状態の写真を載せてしまっていいのか、アピールどころでなくイメージダウン画像なのでは? まあそれはさておき、動作確認用SMPS基板の調整時の写真です。 IGBTドライブ用電源x4 ±12V 5V 8V の合計8出力で、疑似負荷の抵抗値をゴリゴリ変更して様子を見ている図です。 要求されるリアクタンスからトランスコア選定するのが、一番大変で、あとはICメーカのほぼデータブック通りという便利なICで […]

e2studioでリアルタイムデバック

便利な機能を一度使ってしまうと、その環境に慣れてしまい機能がないことに苦痛を感じてしまいます。(スマホもね) e2studioはeclipse系の統合環境でモニタをしたい変数を右クリックして監視式を追加とすると、その変数の数値を見ることが出来ます。昔はこの数値はCPUを動作させながら見るのは難しかったのですが、最近の開発環境は見れるものがあります。そしてe2studioにもリアルタイム・リフレッシ […]

Rz/T1をOzoneでデバック

ルネサスのARMマイコンの開発環境の1つE2STUDIOを使ってRz/T1を開発するときのデバッカはJ-LINKを使います。J-LINKのJ-LINK PLUSE以上にはOzoneというデバッカを使うライセンスが含まれています。 Rz/T1でOzoneを動かすための設定方法について Ozoneのプロジェクトの新規作成でCPUを選んでプロジェクトを作成し、E2STUSIOが生成したelfファイルを指 […]

技術の備忘録

忘れそうなこと、 弊社がどんなことをしているのかお客様に迷惑にならない程度に、 ここき書き出しています。